« 不条理なニュースたち ~「自由」の存在場所 | Main | 終戦記念日に、異動のご報告 »

「あん」 ドリアン助川(著)

Photo小説を取り上げるのは初めてです。自分の趣味をあきらめて、趣味は「子育て」と書いてきたし、空いている時間は、研究や直接興味のある分野の本しか読む余裕のない生活が身についてしまいました。高校時代に年に100本も見ていた映画に行ったのも、この前はいつだろう。

でも、先日、日曜朝のラジオ文芸館で「花丼」という料理の出てくる小説()の朗読を、ぼ~っと途中から聞いていたところ、何とも、いい話で最後まで聞いてしまいました。そして、初めて、それが東海高校の同級生のドリアン助川(明川哲也)君の作品と知り、思わぬ発見に、本当に嬉しくなりました。FaceBookでその話を書いたら、それ以上の自信作を発表するから、読んで欲しいと。それが、本書「あん」です。人気沸騰で、なかなか手に入らず、今日ようやく一気に読みました。
ひとことで言えば、これも、いい話でした。悲しいけど、いい話だった。それにディテールの描写が良い。「あん」の作り方の勉強にもなる(笑)。花丼もそうだったけど、これは助川君の「プロの料理人」としての経験から書けるんだろうね。そして、療養所のリアルな描写は、社会に対して物申してきたから書けることでしょう。
でも、小説というよりも、これは、実話なんじゃないだろうか。いや、こんな話、ぼくだって、いろいろ聞いた気がする。もっともっと悲しい現実をいろいろ見てきたものを、時間も場所も、多分、国境も超えて練り上げて、甘く味付けしてできた登場人物たちの物語は、だから、ドキュメンタリーだし、ノンフィクションだとさえ感じて読みました。世の中には、小説として書いた方が良い、小説としてしか書けないこともある。
というわけで、内容を紹介したいので、このブログは、ほとんど友人しか読まないので、以下ネタバレになりますが、少しだけ。
「あん」は、どら焼きの「あん」で、人生に失敗して前科のある男が、どら焼きを焼いているところに、老女が現れます。彼女は、ハンセン氏病の療養所で一生を過ごしてきた人ですが、このどら焼き屋で、短期間、どら焼きの「あん」作りのアルバイトをします。外見に後遺症のある彼女にとっては、初めての仕事、そして、お客さんたちは、初めて療養所の外で知り合う人だったのでしょう。彼女の作る「あん」は評判になり、店も繁盛します。お客さんも彼女と話すようになり、一人の孤独な中学生の女の子は、自分の辛さを彼女に打ち明けたりしました。しかし、彼女が療養所から来ていることが噂となり、お客さんは減ってしまいます。そして彼女は店をやめ、どら焼き屋もなくなってしまいます。物語は、こんな悲しいエンディングを迎えますが、でも、老女にも、どら焼き屋の男にも、彼女を慕った女の子にも、何かが残された・・・こんないい加減な、まとめでは失礼な良い本ですので、みなさま、是非、お読みください。

ところで、ハンセン氏病の療養所は、熊本にも菊池恵楓園があります。熊大では前学長時代の2004年の55周年の記念行事で、「いのちのフォーラム」を開催し、柳田邦夫さんの講演、そして結純子さんの一人芝居「地面の底がぬけたんです」の公演を開催しました(→熊大通信:この頃、ぼくは広報担当)。そして恵楓園からは、太田國男さんに来て頂きました。ぼくは、この時、初めてハンセン氏病の元・患者さんの話を聞いて、ショックを受けたことを覚えています。上の息子(当時、中1)が、結さんの芝居を見た後に、彼女が本当に患者さんだと思って、心配していたことも思い出しました。その後、恵楓園の何人かの方と知り合い、恵楓園も訪れましたが、最近は忙しくなってしまって全く行けていません。「忙しい」=「心が亡くなる」です。

助川とは、同じクラスになったこともないけど、卒業後、歌手になった変な友人「たち」の一人です(別の一人は、弁護士になった→歌手(ロックンローラー)から弁護士(ロックンローヤー)に)。東海高校は私立で、ぼんぼんが多く、「政治的に正しく」、社会のことに興味を持たない友人も多い。というか、みんなそうだよね。熊大のフォーラムも、学内で開いたのに、結さんの芝居を見に来た人は少なかったな。特に医学部からは。ぼく自身も、お金に苦労したこともないし、自分は人の痛みがわからないということに気がつき、愕然とすることがあります。そんな中で、助川は、薬害エイズの問題の時には、日比谷公演で歌っていたし(単に叫んでいた?)、共感することが多かった。最近も、東北の震災被災地を自転車で回ったりして、相変わらずの活動に元気をもらっています。今回は、面白い本を読ませてもらいました。ありがとう!

こちらもおすすめ
●大幸運食堂(PHP研究所, 2011年) 明川哲也著 《作家、道化師》
→これもいい話。花丼が食べたくなる人、続出中(笑)→作り方

|

« 不条理なニュースたち ~「自由」の存在場所 | Main | 終戦記念日に、異動のご報告 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「あん」 ドリアン助川(著):

« 不条理なニュースたち ~「自由」の存在場所 | Main | 終戦記念日に、異動のご報告 »