« 第62回全国学校保健研究大会 | Main | 新春・夢三題 »

謹賀新年2013

あけまして、おめでとうございます。

昨年も、家族4人、元気でした。両親と兄弟まで含めると、私の母の怪我もありましたが、すっかり回復して、みな、大過なく過ごしております。

2013sぼくは、昨年は年初に4報の論文を発表し、年末の駆け込みの2報を含め、自分がlast author のものが6報、全部で10報の論文を発表できました。二けたは久しぶりですし、Nature Neuroscienceに発表した論文は、いろいろな所で話題にしてもらい、最近、発売された雑誌にも、エッセイを書きました。

「考える人」 2013年2月号 特集 眠りと夢の謎  新潮社
夢の中で考える
http://www.shinchosha.co.jp/kangaeruhito/

昭苑は、コーディネーターとして応募した熊大のリーディング大学院が10月に採択され、それ以後、超多忙な毎日です。息子たちは、優彦は卒研中で、修士課程に進学予定、寛彦は水球部で筋肉増強に励んでいます。

今年も良い1年になりますように。

|

« 第62回全国学校保健研究大会 | Main | 新春・夢三題 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 謹賀新年2013:

« 第62回全国学校保健研究大会 | Main | 新春・夢三題 »