« いじめ報道と飲酒運転、道徳と公共性 | Main | 恩師との再会:大樹寺・堀田岳成先生 »

将来世代学の構想:脳神経科学の現在と将来

今年の3月に発刊された以下の本に論考を発表しましたが、なかなか紹介する機会がなく、今になってしまいました。
将来世代学の構想―幸福概念の再検討を軸として

この本の10章に、脳神経科学の問題として、自己について書いたのですが、これは、実際には脳神経科学の問題というよりも、ぼく自身の哲学的問題としての「自己」および「自己決定」についての問題意識をまとめたものです。
よろしければ、お読みください。

脳神経科学の現在と将来 (PDFファイルです)

|

« いじめ報道と飲酒運転、道徳と公共性 | Main | 恩師との再会:大樹寺・堀田岳成先生 »

Comments

PDFファイル260p10行目、”震盪”は、脳震盪や震盪機の震盪なので、”激しく振る”という意味と思います。
もしかしたら、「浸透」の誤変換ではないでしょうか。
違っていたらすみません。

→コメント、ありがとうございます。ご指摘通りです。実は、これはゲラで、この部分は編集者の方にも指摘して頂き、出版されたものでは修正されています。(学内の方ですね。どうも、ありがとうございます。)

Posted by: 藍子 | 2012.10.09 04:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 将来世代学の構想:脳神経科学の現在と将来:

« いじめ報道と飲酒運転、道徳と公共性 | Main | 恩師との再会:大樹寺・堀田岳成先生 »