« 水俣病、原爆症の経験を福島へ 熊本市でシンポ:高岡滋先生のコメント | Main | 謹賀新年2012 »

書評:子宮頸がん予防 高橋真理子著

朝日新聞の高橋真理子さんが書いた本ですが、ずいぶん前に送って頂いたのですが、ようやく読みました!
最新 子宮頸がん予防 ワクチンと検診の正しい受け方

今、高校生以下の娘さんを持つ両親世代と、大学生くらいの女性本人には、是非、読んで頂きたい本です。高橋さん自身、深い知識がないところから勉強を始めて、世界的にも有名な先生が慎重論を書いていることを見つけたり、積極論を述べる先生の意見を聞いたりしながら、現時点での知見を丁寧にまとめて、科学としては不確実な現状を的確に説明しています。

この本をきちんと読んで、子宮頚癌のことを知った人ならば、ワクチンを受けても受けなくても、子宮頚癌で困ることはないと思います(笑)

とはいえ、読まない人も多いでしょうし、本当はよくないのですが、結論だけを、まとめると…

子宮頚がんの予防ワクチンについては、まだ未知の部分が多く、もし日本人の多くが接種するようになったとしても、本当に、マクロなレベルで大きな効果があるかどうかは、わからない。ただし、これまで得られている知見や、副作用の程度を考えると、「多分」、子宮頚がんを減らせる可能性が高く、ワクチンだけを考えれば接種した方が良さそうである。しかし、ワクチンで防げないタイプのウィルスもあり、ワクチンを接種したことで安心してしまって、健診を受けないのなら、逆効果になるかもしれない。

というわけで、上に書いたように、接種すべきかどうかを考える時に、ワクチンだけではなく、この病気のことを知る(勉強をする)ことが大切そうだと考えるわけです。

また、ワクチンの効果は、個人に対するものと、その総和としての「社会」レベルでの効果があります。そのように考える時、女性に接種するよりも、実は男性にも接種した方が、ウィルス蔓延を防ぐ効果としては、本当は高いのかもしれないというような疑問も解決していません(これは、感染拡大のモデルを使うと、ある程度計算できるかもしれませんが)。

常に、そうですが、ワクチンのベネフィットとリスクを考える問題は難しいです。

・・・
と、ブログを書いたのは、9月の初めだったのに、公開し忘れていて(後悔先に立たず)、10月は、ほとんど出張に出ていたため、あっと気がついたら11月も半ば orz
高橋さんとは、長いおつきあいさせて頂いているのに、申し訳なかったです m(_ _)m

|

« 水俣病、原爆症の経験を福島へ 熊本市でシンポ:高岡滋先生のコメント | Main | 謹賀新年2012 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評:子宮頸がん予防 高橋真理子著:

« 水俣病、原爆症の経験を福島へ 熊本市でシンポ:高岡滋先生のコメント | Main | 謹賀新年2012 »