« 謹賀新年2010 | Main | 書評:リハビリの夜 熊谷晋一郎 »

真善美 または、無人島に善はあるか?

中学生の息子が、美術とか音楽とか勉強じゃないから、学校でやる意味がないのではというので、たまには父として、きちんと話そうかと、以下の話をした。メモしておこう。

そもそも、教育の最大の目的は、人が自立して社会の中で生きていけるようにすることだ。でも、では、その生きていくこと、そのものの目的は何だろうか?そんなことを、ギリシアの昔から、人間は考え続けてきていて、その一つの答が、「真・善・美という普遍的な価値」を目指すことだ。普遍的というのは、いつの時代でも、どこの場所でもという意味。

では、真善美とは何か?

いろいろな答え方があるけれど、ぼく流の端的な表現は、以下である。

真は人の外に、善は人の間に、美は人の中にある。

真=真実は(自然)科学が目指しているものを思い浮かべればよい。人間がそれまで知らなかったことを発見し、知ることは、それだけで価値がある。真実は、人の中ではなく外にあるものだと考える。善は、感謝される行為のことを考える。真は正しいことを表すが、正しいことが全て善いこととは限らない。だから、善は人と人の間にのみ存在する。たとえ自分が善いことをしたつもりでも、相手が嫌がることなら、善とは呼べない。だから、もし、無人島に一人で流されてしまって、その後の人生で、他の人と誰とも会う可能性がないという状況になったら、「善」を目指すことは難しい。では、美は何か?それは人が、自分の心の中で「美しい」と思うことで、たとえ他人が、それを「美しい」と思わなくても、何の関係もなく、人の中に存在する。だから無人島にも「美」は存在する。もし、「善」だけを目指している人が無人島に流されたら、生き甲斐を失ってしまうしかない。

この三つの普遍的な価値の大切さと、それを目指すことを教えるのが教育の目的で、だから、本当は道徳だとか美術という科目は、3分の1ずつの時間をかけてもよいくらい重要。ただし、今の学校の授業が、そのような目的を本当に目指しているのか、あるいは、そのためになっているのかには疑問があるけれど。

|

« 謹賀新年2010 | Main | 書評:リハビリの夜 熊谷晋一郎 »

Comments

とても良い言葉なので、そのうちトラックバックさせて戴くかも知れません。

最近、理論○○学という分野の研究者と話す機会があったのですが、実験系の自分が違和感を持ったのは「真実が数字の中にある」と強く信じる気持ちです。
私は論文を書きながら「真実は自分の想像の外にあるのではないか?」という恐れを感じているので、数字も人の頭の中で作ったものなのに・・という点がひっかかったのです。

でも分野ごとの違いかも知れませんね。

Posted by: bloom | 2010.02.13 10:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 真善美 または、無人島に善はあるか?:

« 謹賀新年2010 | Main | 書評:リハビリの夜 熊谷晋一郎 »