« 【書評的紹介】「生命という価値」 その本質を問う | Main | 脳科学の最前線 »

ニューロエシックスの公開授業

遅ればせながら、この授業で使った資料をアップします→ PDFファイルをダウンロード

熊本からは遠いところですが、公開授業をします。

6月20日(土)市民公開授業
「生命倫理学~ニューロエシックス(脳神経倫理学)」
http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/event/2009/06/811800.html

玉井真理子さんにお声掛け頂いたのですが、初めてお会いする方も多く楽しみです。

■日時: 2009年6月20日(土) 13:00~16:40(若干延長の可能性あり)
■場所: 信州大学 旭総合研究棟9階 講義室A・B
    (松本市旭3-1-1 信州大学松本キャンパス内)

■シンポジウム
演題1 脳神経外科治療の最前線
演者  堀内 哲吉(信州大学医学部)

演題2 脳神経科学の最前線とニューロエシックス
演者  泰羅 雅登(日本大学大学院総合科学研究科)

演題3 ニューロエシックスをめぐる各国事情
演者  高木 美也子(日本大学総合科学研究所)

演題4 イタリアにおけるニューロエシックスの議論から
演者  福島 智子(松本大学健康栄養学科)

演題5 脳神経科学と社会
演者  粂 和彦(熊本大学発生医学研究所)

演題6 脳神経科学と刑法
演者  鈴木 優典(山梨学院大学法学部)

■総合討論 司会:玉井 真理子


|

« 【書評的紹介】「生命という価値」 その本質を問う | Main | 脳科学の最前線 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ニューロエシックスの公開授業:

« 【書評的紹介】「生命という価値」 その本質を問う | Main | 脳科学の最前線 »