« 謹賀新年2009 | Main | 佐野勝徳先生の講演 »

ヒブ(Hib)ワクチンについて

インフルエンザb型菌に対するワクチンが、ようやく認可されました。
 欧米に比べて20年?30年?遅れましたが、このワクチンの導入に尽力を続けてきた方たち、たとえば、細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会とか、その応援を続けてきた武内一先生(耳原総合病院小児科部長)とかの活動の成果かと思います。今後、安全に大過なく広く使われ育ってくれると良いと思います。
 小児科医の間では、添付の注射器が使いにくいなどの話題も出ていましたが、このワクチンは不活化ワクチンですから安全性は高いです。しかし、そのため、確実な免疫をつけるためには数回の接種が必要で、現状では自己負担が大きいことが最大の問題です。今後は、鹿児島市のような公費助成制度が広がることを期待します。

なお、竹田先生のページなど、多くの小児科先生たちが詳細を記載されています。竹田先生は、三種混合との同時接種を勧めていましたが、罹患年齢を考えると、その通りですね。

|

« 謹賀新年2009 | Main | 佐野勝徳先生の講演 »

Comments

トラックバックして下さった杉原先生のコメントに、インフルエンザ菌とインフルエンザウィルスは、
>「グレープ」と「グレープフルーツ」くらい違います.
とありましたが、異議ありです(笑)

これは、「このは」と「このは虫」くらい、違うと思います。
つまり、植物と動物くらい違います。

でもHIBヒブという言葉も、日本語だと、HIVの発音と同じになってしまうので、やっぱりmisleading ですね。

Posted by: オーナー | 2009.01.12 06:03 PM

>「グレープ」と「グレープフルーツ」
だけでもびっくりしていましたが、そこまで違うものですか?
生物系の私でさえ知らなかったので、ここら辺は情報発信が必要かも知れません。
風邪の原因がウイルスだけでないこと、普通の風邪を起こすウイルスがインフルエンザウイルスと区別して扱われていることなども、私は大人になってから知りましたからね。

ムンプス難聴関連で「守る会」の方にお会いしたこともあるので、ヒブの予防接種に関する記事がクリスマスの時期に朝日新聞に掲載された時は、やっと来たプレゼントだと嬉しくなりました。

ただ、予防接種の種類が増えること、そのリスクを負うことが負担だと感じる医師もいるでしょうから、まだ考えるべきことは多いと思います。

Posted by: bloom | 2009.01.16 10:05 AM

できれば数年以内に、ぐぐっと認知度・接種率が上昇してくれると良いですね。何よりも変な副作用や、間違った使い方などで出足をくじかれて、MMRの二の舞にならないことを願います。

>そこまで違うものですか?
木の葉=植物界、木の葉虫=動物界、と、「界」が違います。でも、どちらも、「真核生物域」の仲間です。
ヒブ=インフルエンザ菌=真正細菌で、これは、植物でも、動物でもない「原核生物」さんです。
でも、真核生物も原核生物も、生物ですから、生きていますよね。「生物」の仲間です。
インフルエンザウィルスは、1本鎖RNAウィルスですから、他の細胞がないと増えられないし、もうこいつは、「生き物」かどうかすら、よくわからない奴ですわ(笑)

ということで、このはと、このは虫より、もっと遠いくらいです。

Posted by: オーナー | 2009.01.16 10:35 AM

>変な副作用や、間違った使い方などで出足をくじかれて、MMRの二の舞にならないことを願います。

MMRには副作用はありましたが、予防接種に「間違った使い方」というのはあるでしょうか?

ヒブが一歩進んで、自費での予防接種はやっと海外並に揃ってきたと思います。
しかし金銭的に厳しい家庭には接種の負担は大きいし、予防接種での事故に対する補償などまだ検討すべき部分がありますね。

Posted by: bloom | 2009.01.18 09:01 AM

そうですね。予防接種で、間違った使い方というのは、い今どき、確かにほとんどありえませんね。意識の中にあったのは、イレッサでした。

Posted by: オーナー | 2009.01.18 10:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヒブ(Hib)ワクチンについて:

» ヒブワクチン(アクトヒブ)受付開始 [杉原 桂@多摩ガーデンクリニック小児科ブログ]
ヒブワクチン(アクトヒブ)についてのお知らせです. (まだNLPのスライトオブマウスの2日目以降が掲載されていないのに...どんどん情報が更新されていきます) 現在、わかっていることをお知らせいたします. まだ、販売元の第一三共株式会社でも本数がしっかり確保できていないために 予約を12/1まで受け付けてから発注し、12/19より発売開始となります. (12/1に予約患者さんのリストを会社に送って、その本数を確保するという作業が必要なのだそうです) まだヒブワクチン接種開始日を決定しており... [Read More]

Tracked on 2009.01.09 09:59 AM

« 謹賀新年2009 | Main | 佐野勝徳先生の講演 »