« 佐野勝徳先生の講演 | Main | 体長30cmのカエル! »

神経活動の方が遅い!?脳の血流量変化機構の不思議

近年の脳科学の進歩の中で、fMRIやNIRSの役割は測りしれませんが、これらの技術で調べることができるのは、脳の局所的な血流変化で、それは神経活動の「結果」を見ていると、多分、ほぼ全ての脳科学者は思っていたはずです。しかし、なんと!実は逆かもしれないとNature誌の記事。驚きでした。

Brain imaging measures more than we think
http://www.nature.com/news/2009/090121/full/news.2009.48.html

日本語版のハイライトタイトル「脳は先回りして考える」や、N&V日本語タイトル「先手を打って血流増加」は、「考えている」のは誰だ?というつっこみを入れたくなるのでミスリーディングですね。これだけを見たときに、リベットの実験などを思い出してしまいましたが、この研究が示す重要なことは、そのような主観的な意味合いではなく、血流増加が単なる結果ではない可能性であり、さらに言えば、ニューロンの興奮「以外」の様式による情報伝達の重要性を示すと思います。我田引水ですが、睡眠の制御がフォーカルに行われていることや、グリア細胞などからのさまざまな非典型的な情報伝達物質(ステイロイドや生理活性脂質、NOなど)の作用など、いろいろなことにつながるのではないかと思います。久しぶりに、面白い!だから、科学はやめられない、と思えた研究ですね。

News & Views: Neuroscience: Pre-emptive blood flow
http://www.nature.com/nature/journal/v457/n7228/full/457387a.html

Article: Anticipatory haemodynamic signals in sensory cortex not predicted by local neuronal activity
http://www.nature.com/nature/journal/v457/n7228/abs/nature07664.html

|

« 佐野勝徳先生の講演 | Main | 体長30cmのカエル! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 神経活動の方が遅い!?脳の血流量変化機構の不思議:

« 佐野勝徳先生の講演 | Main | 体長30cmのカエル! »