« 認知的エンハスメント Nature誌の記事について | Main | ヒブ(Hib)ワクチンについて »

謹賀新年2009

昨年は、「文系」の哲学・倫理学分野で、翻訳書を出版できて、少し貢献ができたことが、自分としては良かったのですが、今年は本業の成果をきちんと形にする年としたいと思います。

また、今年は、上の子が大学受験、うまくいけば4月には家から旅立ちます。というわけで、4人そろった写真の年賀状を送るのは、多分最後です。

ぼくは年賀状を喪中の方にも送ってしまうことが多いのですけど、実は、これは喪中の時に年賀状がもらえないのは、とても淋しいという話を聞いたのがきっかけです。自分も、そうしてもらいたいなと思っています。この数年、年明けに年賀状を書くのが習慣になりつつありますが、年も明けたのだから、もう良いのでは?と思えるのが、遅くなった利点・・・というのは、言い訳ですね。(^_^;)

Nenga2009_2

大晦日のカウントダウン前の熊本城二の丸広場で撮ったものです。

|

« 認知的エンハスメント Nature誌の記事について | Main | ヒブ(Hib)ワクチンについて »

Comments

あけましておめでとうございます。
もうお子さんが大学に行かれる年になられたのですね。
ぼくはまだぼくの遺伝子を供与する段階も達成していません。
今年もご活躍期待しております。

Posted by: dayafter | 2009.01.04 10:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 謹賀新年2009:

« 認知的エンハスメント Nature誌の記事について | Main | ヒブ(Hib)ワクチンについて »