« 私はイヌ派 | Main | 謹賀新年2009 »

認知的エンハスメント Nature誌の記事について

ニューロエシックスの課題の中で、最も重要なことの一つが、12月11日号のNature誌で話題になっていました。全文が、誰でもPDFで読めます。また、私は記事が発表された日に、偶然アメリカにいましたが、テレビの朝のニュースでも取り上げていたので、反響も影響も大きいと思います。

Towards responsible use of cognitive-enhancing drugs by the healthy
Nature , | doi:10.1038/456702a; Published online 7 December 2008
Henry Greely, Barbara Sahakian, John Harris, Ronald C. Kessler, Michael Gazzaniga, Philip Campbell & Martha J. Farah

私たちが翻訳した本にも、書いているグリーリーやガザニガが著者になっています。要するに、現在、アメリカでは、非常に多くの子ども~学生に、ADHDの診断名でリタリンLA(日本ではコンサータ)が処方されており、それが処方を受けていない学生にも横流しされている。これは、もちろん現状では違法なんだけれど、カフェインのような物質や、薬剤以外でのエンハンスメントが許されているのに、なぜ、覚醒系の薬はダメなのか?「正常な人」による適正使用についても、前向きに考えた方が良いのではないか?という意見です。

いろいろ書きたいことはありますが、いくつか感想だけ・・・
1.彼らはリタリンの「認知的エンハンスメント効果」ばかり書いていますが、この薬は覚醒作用が強いので、夜飲めば、当然、眠れなくなります。睡眠医学者としては、その点への言及がないことが大きい問題と思います。
2.公に議論すべきだという点に異論はないですが、日本では、昨年、リタリンの不正使用が大問題になって以来、このタイプの薬の使用は非常に難しくなっているので、まだまだ遠い国の話に感じてしまいます。
3.アメリカでは大学入試が厳しくなくて、大学入学以後が厳しいので、勉強のために飲みたいという希望は、おそらく大学生以後の方が多い。でも、日本で同じことをしたら、小学生とか、下手すると、幼稚園の子さえ欲しがるでしょうから、そのあたり、状況がすごく違いそうです。
4.同様に、日本の中高生の場合、塾などを含めた「労働時間(子どもにとって学校や塾にいるべき時間のこと)」が長く、また勤労者の勤務時間も長いので、睡眠時間が非常に短いです。ですから、そのための「眠気」の対策として、これらの薬が使われる機会が圧倒的に多いでしょう。それが、良いことなのか・・・
 尊厳死の法制議論をする「暇」が政治家にあるのなら、自殺対策をもっと真剣に話し合って欲しいと思うのと同じように、認知エンハンスメントを進めるのなら、労働時間(特に子どものです)を短くする政策を話して欲しいという気もします。


|

« 私はイヌ派 | Main | 謹賀新年2009 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 認知的エンハスメント Nature誌の記事について:

« 私はイヌ派 | Main | 謹賀新年2009 »