« 医療事故調査の目的 | Main | 脳神経倫理学:ニューロエシックス »

またまた多忙な秋

忙しくてブログを書く時間がなかったので、古い話もありますが、まとめて、いくつか・・・

1.グローバルCOEリトリート 2008年8月28-29日 @グリーンピア南阿蘇
2.Neurofly 2008 ミーティング 2008年9月5-13日 @ドイツ・ブルツブルグ
3.日米先端科学シンポジウム JAFoS  2008年12月5-7日 @アメリカ・アーバイン

などについて・・・

1.グローバルCOEリトリート 2008年8月28-29日 グリーンピア南阿蘇
 ミレニアムCOEの時から、ずっと阿蘇で続けてきたリトリートですが、この夏は、とうとう参加者が100名を超えました。初めての南阿蘇で宿も良かった。でも、ホームページにも全然宣伝していないんですね。今回は、外国からの講演者も何人もいましたし、もっと事前・事後広報すべき感じです。
 特に熊大を卒業して、現在、イギリスで独立しているYoshiyuki Yamamotoさんの話は、実に面白かったです。Mexican Blind Cavefish が、どのような仕組みで盲目になり、それと引き換えに何を得たのかを、分子生物学・遺伝学手法を使って迫るEvo Devo 研究の話でした。

2.Neurofly 2008 ミーティング 2008年9月5-13日 @ドイツ・ブルツブルグ
 ポスドクの冨田君、院生の上野君と、3人で参加してきました。ひさ~しぶりのヨーロッパでしたが、こんな遠かったのか・・・熊本からは、24時間近くかかりますが、行く価値のある非常に内容の濃い会でした。特に、今回は、あの不確定性原理のハイゼンベルグの息子のMartin Heisenbergの退官記念を兼ねて、彼のグループが主催だったので、学会中に2度もラボを見学させてもらい、さまざまな実験系を実際に見せてもらいました。まさに、Seeing is believing で、勉強になりました。まだ整理しきれていませんが。

3.日米先端科学シンポジウム JAFoS  2008年12月5-7日 @アメリカ・アーバイン
 これは12月に参加する予定で、全く異なる専門分野のトピックを集めて討論する会です。確か本当は45歳未満の若手の会のはずですが、チェアは大丈夫なのか、誘って頂きました。ぼくのセッションは、Evolution of Sleep and Memory という、まさにホットなタイトルですが、他のセッションも、ナノメディシンとか、温暖化による海面上昇の予測とか、幸福の計測と条件とか、何だか雑学好きのぼくには、ぴったりの楽しそうな会です。


多分、次は科研費の締め切り後になりそうですが、明日の締め切りもありますので、簡単にこの秋の記録でした。

|

« 医療事故調査の目的 | Main | 脳神経倫理学:ニューロエシックス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15474/42523873

Listed below are links to weblogs that reference またまた多忙な秋:

« 医療事故調査の目的 | Main | 脳神経倫理学:ニューロエシックス »