« 冷静な議論 | Main | 苦節5年? »

知のフロンティア講座のお礼と波乗り

昨日(2月2日)は、熊本大学の「知のフロンティア講座」でお話しをさせて頂きました。
寒くて雨の降る最悪のコンディションの中、交通の便の悪い大学の講堂に、たくさんの方に来て頂き、どうもありがとうございました。予備の椅子まで並べて頂くほどの人数だったので、本当は途中で換気をするべきだったと後から聞きました。居眠りされていた方は、少なかったですけど、眠かったとしたら、会場のせいもあったようです。すいません。m(_ _)m

お配りした資料は、こちらにもアップしておきます。PDFファイルです。
「2008hoc1.pdf」をダウンロード

ちょうど今朝(2月3日)のNHKのニュースで、冒険家の堀江健一さんが、「波」の力だけで動く船で、次の航海にチャレンジする話が紹介されていました。この船と同じように、波は上手に使えば、力を使わずに進むこともできますが、下手に逆らえば、泳いでも泳いでも押し返されてしまいます。

Photo_4
昨日、ご紹介したこの図には、1日を上手に過ごし、ぐっすり眠るためのヒントがいろいろあります。眠れない、寝つきが悪い、という方は、一度、朝起きてから、夜ベッドに入るまでの、気分や眠気の変化を、メモにつけてみて、この図と比較して、どの部分を変えると良さそうか、ご自分でも考えてみて下さい。

また、「寝貯め」や「寝不足の解消」のために、普段の睡眠時間が短い人が、週末や休日などに、どのくらいいつもより長く眠っても良いのか?という質問がありました。一般的には、2時間程度なら、どちらにも役に立つと考えています。それ以上、長いと害もあります。若い人の場合には、「爆睡」などと言って、お昼過ぎまで眠ってしまうこともあります。しかし、睡眠不足が貯まっていても、ただ、長く寝れば寝ただけ良いかというと、そうでもありません。

昨日の話でも、ここまでは触れませんでしたし、ほとんどの教科書にも、睡眠は長くなればなるだけ、だんだん浅くなっていくとされています。しかし、実際には睡眠10時間以上取ると、2回目の大きな波に入ることがあるようです。この点は、ぼくの別ブログに書いた下記も見てください。
http://sleep.cocolog-nifty.com/clinic/2007/08/post_1b73.html

こうなると、かえって途中では目が覚めにくくなり、1日を棒に降ってしまいます。25年前の学生時代に、このことを知っていたら、お昼前には起きるようにしたかもしないなと思います。(^_^;)

|

« 冷静な議論 | Main | 苦節5年? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 知のフロンティア講座のお礼と波乗り:

« 冷静な議論 | Main | 苦節5年? »