« October 2007 | Main | December 2007 »

November 2007

リタリン: 厚労省は患者中心の視点での政策を

ぼくは本業の睡眠障害診療で、ナルコレプシーの患者さんを何人も診ていますが、現場には情報が入らないまま、報道が先行して困っています。

今日の報道で、
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/2007/11/25/20071125ddm003040057000c.html

中枢神経興奮剤・塩酸メチルフェニデートの商品名。依存性や幻覚・妄想などの副作用がある。適応症はナルコレプシー(睡眠障害)のみ。厚労省は10月26 日、適応症からうつ病を削除するとともに、処方できる医療機関などを登録制にして流通を制限することを決定。遅くとも来年1月以降は、製造・販売元のノバルティスファーマ設置の第三者委員会が承認する医療機関や医師、調剤薬局のみが処方することになる。

と、ありましたが、どのくらいの数の医師や薬局が指定されるのか、どのような方法で指定されるのか、現場には情報が入らず、ナルコレプシーや特発性過眠症でリタリンを本当に必要としている患者さんたちが、ずいぶん不安がっています。

もし、指定される医師・薬局の数がかなり少ないとなると、患者さんから見たら、ひどいやり方です。たとえば、今なら、患者さんが3ヶ月間とか地方都市に短期出張に出る時でも、その町のお医者さんに行けば、処方を受けられるわけですが、これからは、特定の町にわざわざ月に一回出向かないと行けません。また、ナルコレプシーは10代で発症することが多く、若い患者さんが多いので、辛い病気です。とても高い新薬(リタリンは1錠10円、新薬は300円)に変えたくても変えられない人もいますし、新薬が合わない患者さんもいます。

Continue reading "リタリン: 厚労省は患者中心の視点での政策を"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »