« あと80年しか生きられない不治の病・・・/小澤竹俊「いのちはなぜ大切なのか」 | Main | タミフル:話題になって3度目の冬 »

学力テスト:新聞の一面見出し

先日、全国統一学力試験の結果が発表され、新聞の一面を飾りましたが、二つの新聞の一面大見出しがこんなに違い、面白かったです。ご覧になってわかるように、熊本の地元紙は、「格差が小さい」と報道し、全国紙は、「大きい」と強調しています。全く同じデータを見ても、反対の解釈ができるものですが、報道の違いは興味深いです。また、小さいことが、本当に「良い」ことなのか・・・教育というものの目的などまで考えると、難しい問題です。いろいろ、ぼくも考えるところはあるのですが、この日の新聞が捨てられる前に、保存のためブログに残しておきます。

20071025s_220071025s_3

|

« あと80年しか生きられない不治の病・・・/小澤竹俊「いのちはなぜ大切なのか」 | Main | タミフル:話題になって3度目の冬 »

Comments

格差は大きいと思いますが、その格差がどこから来るのか?1988年?のUKの教育改革後の議論そのままですね・・・

Posted by: | 2007.10.27 05:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 学力テスト:新聞の一面見出し:

« あと80年しか生きられない不治の病・・・/小澤竹俊「いのちはなぜ大切なのか」 | Main | タミフル:話題になって3度目の冬 »