« プロフェッショナルとは・・・警察を持つ | Main | 学力テスト:新聞の一面見出し »

あと80年しか生きられない不治の病・・・/小澤竹俊「いのちはなぜ大切なのか」

友人の小澤先生に送ってもらって、新刊を読みました。

いのちはなぜ大切なのか (ちくまプリマー新書 67)
小澤竹俊 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4480687688/

このシリーズは新・新書という感じで、新書よりさらに文字数が少なくて、あっという間に読めますが、内容は薄いどころか、得られるところ満載の本でした。

内容は是非、読んで頂くとして、印象に残った点に関して・・・

医療の現場にいると、死を身近に感じますし、死を身近に感じて欲しいと思ってしまいます。メメント・モリという言葉も好きです。それが高じて、赤ちゃんが生まれた時には、医者は深刻な顔をして、「あなたは、残念ながら不治の病にかかっています。平均すれば、あと80年、それまでもたない可能性も充分あります。残された人生を、精一杯楽しんで下さい。」と話すべきだという冗談を書いたこともあります。

でも、赤ちゃんは自分がmortalであることがわかりません。心理学的な研究に詳しいわけではないので、素人の感想ですが、それがわかるのは、個人差があるのでしょうが10歳前後からなのかなと思います。その年齢になって、初めて人は自殺を始めますね。少なくとも幼稚園児の自殺は聞いたことがありませんので。このあたりの年齢までは、灰谷健次郎が言う、子どもの(底なしの)楽天性があるのでしょう。

ぼくは、自分が死を意識した「日」をはっきり覚えています。小学校4年生でした。別に何か特別なことがあったのではないのですが、自分の両親がいつか死んでしまう、自分もいつか死んでしまうということに、なぜか急に寝る前に気がついて、考え始めたら涙が止まらなくなって、眠るまで一人で泣いていた強烈な記憶があります。でも、翌日は、何ということもなく、また学校に普通に行きましたので、たいしたことではなかったのかもしれませんが・・・

死は、通常は意識しないもので、非日常的なものの究極であり、とりつく島のないもの、です。死、そのものは、決して乗り越えられないし、死の恐怖・不安そのものは、どのような方法でも取り除くことはできない。しかし、考えてみれば、それまでの「日常」と、死を意識した後の「日常」も、日常である点では変わらない。

小澤さんの本に直接出てくるわけではありませんが、この「日常」というのは、大江健三郎さんが良く主題にするハビット(トーマス・アキナスの考え方から引いたとのことです)ですね。

それを、どう大切にするのかで、余命半年、という言葉を受け止めた後が変わるのでしょう。

そうそう、小澤さんが、熊本で開かれる「死の臨床研究会」の公開講座で、実際に中学生相手に「いのちの授業」をされるそうです。楽しみです。

第31回日本死の臨床研究会年次大会 in 熊本
http://jard31.umin.ne.jp/


|

« プロフェッショナルとは・・・警察を持つ | Main | 学力テスト:新聞の一面見出し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あと80年しか生きられない不治の病・・・/小澤竹俊「いのちはなぜ大切なのか」:

« プロフェッショナルとは・・・警察を持つ | Main | 学力テスト:新聞の一面見出し »