« 医療の良心を守る | Main | タミフル服用後の異常行動・それでも「因果関係がない」と言い続けるのか・・・ »

インフルエンザと異常行動・再び

またインフルエンザと診断された中学生が、ベランダから飛び降りて亡くなった。

転落死の中2、タミフル服用か インフルエンザで 愛知
朝日新聞より 2007年02月17日11時16分
http://www.asahi.com/health/news/NGY200702170008.html
 愛知県蒲郡市のマンションから転落死したとみられる中学2年生の女子生徒(14)が、死亡した16日に市内の病院でインフルエンザと診断され、治療薬タミフルを服用したとみられることが、蒲郡署の調べで分かった。

(中略)
 一方、両親は調べに対し、生徒がインフルエンザと診断されたことで、「(19日から予定されていた)期末試験を欠席しなければならないと心配している様子だった」などと話しているという。同署は、これらの状況が転落に結びついた可能性もあるとみて調べている。
>>>>>

後半の文章にあるように状況はわかりませんが、自殺ではなさそうです。タミフルを飲まなくても、異常行動が非常に多いことが報告されましたが、やはり年に何度もこのような報道がされるようでは、心証が悪いですね。薬の関係の有無にかかわらず、インフルエンザの時に、ベランダからの転落を気をつけるように、患者さんに説明する必要はあるようです。

|

« 医療の良心を守る | Main | タミフル服用後の異常行動・それでも「因果関係がない」と言い続けるのか・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference インフルエンザと異常行動・再び:

« 医療の良心を守る | Main | タミフル服用後の異常行動・それでも「因果関係がない」と言い続けるのか・・・ »