« インフルエンザと異常行動・再び | Main | 厚労省からの通知 »

タミフル服用後の異常行動・それでも「因果関係がない」と言い続けるのか・・・

また今朝、タミフル服用後の中学生の転落死が報道された。

中2男子が転落死 前日にタミフルを服用
http://www.kobe-np.co.jp/kyodonews/news/0000253199.shtml

以下、記事を一部、引用>>>>>
2007年2月27日午前1時20分ごろ、仙台市のマンション敷地内で、11階に住む市立中学2年生の男子生徒(14)が転落したと、母親から110番があった。男子生徒は病院に運ばれたが間もなく死亡した。男子生徒は
・・・
26日は学校を休んだ。同日午後6時ごろ、医師から処方されたタミフルを服用し自宅で静養していた。転落直前に男子生徒は母親に「トイレに行く」と言いながら玄関から外に出た。男子生徒はその後、自宅前の外廊下からマンション中庭の駐車場に転落したとみられる。

 処方されたタミフルは2錠がなくなっていた。タミフルは副作用として異常行動が報告されているが、厚生労働省は因果関係を否定している。
>>>>>

昨年、ここにも書いたように、厚労省の「因果関係が無い」という発表は、「因果関係が証明できない」という意味である。あるいは、「一般的な異常行動の発症率」を高めてはいない、のであって、このようなfatal な結果に結びつくような異常行動に関するものではない。

異常行動の全体数が変わらなければ、その中で極端に悪い結果を引き起こす割合も変わらないだろうという「推定」は、ある程度の妥当性はあっても、「科学的に証明された推定」ではない。

厚労省や、調査に関して責任を持つ医師たちは、緊急声明を出すべきである。

と、私は思う。

昨年の冬に受験生(中学3年生)が我が家にもいたので、この時期にインフルエンザと診断されたら、おそらく、私自身もタミフルを飲ませたと思う。ただ、もちろん飲ませた後は付き添ったと思う。今回の中学生は2年生である。命の危険性が、ほんの少しでもあると言われていたら、処方を望んだのだろうか・・・

副作用に関する情報は、「疑わしきは罰せず(被疑者に有利に判定する)」という刑事裁判の原則とは、当然異なるべきだと思う。副作用の可能性は否定できないが、完全に証明されるまでは、製薬会社に有利に判定するでは、利潤優先・人権無視と言われてもしかたあるまい。

また、浜六郎氏のように、既に、「因果関係は証明されている」という説を唱えている人もいるわけで、これ以上、放置して次の事故が起きれば(あるいは、もう既に)、厚労省の責任は免れないだろう。

実際、死亡につながっているのは、ほとんど高層マンションに住んでいる子どもたちで、普通の家に住んでいれば、単なる寝ボケと思われているだけで済んでしまっているはずで、このような潜在的な危険性をはらんだ異常行動は、厚労省自身の調査でも明らかになったように、10%以上と非常に高い。各クラスで10人は罹患する病気なので、クラスに一人は必ず出ている計算である。

もし異常行動の発症率にも質にも差が無いとすれば、インフルエンザに罹患したら、2日間程度は、つきっきりで観察すべきということになるはずだ。

厚労省が何らかの理由で、タミフルを名指しできないのなら、せめて、このような警告を出すべきだろう。

もちろん、処方する医師にも、このような注意を促す、当然の責任があると思う。コスト・イフェクティブネス、あるいは、リスク・ベネフィットの関係を考えれば、タミフルの処方割合は、もっと減るはずである。

既にこのような会も作られている。

薬害タミフル脳症の会
http://www.shikoku-np.co.jp/national/medical_health/article.aspx?id=20070224000333

それから、最初の記事が遠くなってしまったので、このブログでのリンクをまとめておきます。

インフルエンザ時の異常行動:タミフルとの関連 2005/12
抗インフルエンザ薬の使用に関する暫定見解 2005/12
インフルエンザ罹患時の異常行動例 2005/12
タミフル服用後の異常行動 2006/07
インフルエンザと異常行動 2006/10
インフルエンザと異常行動・再び 2007/02

|

« インフルエンザと異常行動・再び | Main | 厚労省からの通知 »

Comments

はじめまして。熊本に住む主婦です。9年前主人がインフルエンザで高熱が続いた後、寝ていた主人は硬直し、ムクっと立ち上がって叫びながら家中を突進しました。壁やガラス戸は視界に入らないようで、破壊しながら走り血まみれでした。私は何が起きたのか分からず、裸足で外に飛び出しました。とっさに鍵は閉めて出たので外に出て車に跳ねられるということはありませんでしたが、ニュースで報道されるのを見る度思い出されます。当時はタミフルはなかったと思います。しばらく近くの病院に入院しましたが、異常なし、原因不明でした。主人は何も覚えていません。今のようにネットでいろいろな情報を得ることもできず、又起きるんじゃないかと不安な日々を送ってきました。それ以来予防接種は欠かさず受け、気をつけています。知人にも同じように異常行動をした方が2人いらっしゃいますが、タミフル服用はしていないそうです。その方は息子さんが高熱は出したら付きっきりで見ているそうです。団地の5階で飛び降りそうになったことがあるそうです。主人は大学病院で脳波など調べましたが異常はありませんでした。幸い死には至らなくても、危険な状態になった方はたくさんいらっしゃるでしょうね。公にはならず、原因もわからないまま・・・担当されたお医者さまには初めて聞いたと言われましたが、今ネットなどで情報を見ていくと、たくさん例があるんだなと思いました。

Posted by: はな | 2007.02.27 at 02:03 PM

タミフルなんか辞めて、
麻黄湯など、漢方にすればすむ話ですが...(^^ゞ

今日、診た患者さんでは
タミフルを処方する前から、夜中に枕を入れ替え続けたりといった異常行動が見られていましたけれどもね.

現在、「インフルエンザに伴う随伴症状の発現状況に関する調査研究」が外来小児科学会を中心に進んでいます.うちでも症例集めに協力しています.

Posted by: 杉原 桂@多摩ガーデンクリニック小児科 | 2007.02.28 at 11:08 AM

そうなんですよ・・・
実は熱を出していなくても、ひどい寝ぼけ症状で、怪我をしたという例もあります。私も睡眠障害の診療をしているので、よく相談されます。
ただ、そのような寝ぼけや、幻覚などの症状をタミフルが増強する危険性があるかどうかという点が問題になりますが、増強するというデータ(正しくは、データの解釈)もある以上、注意を喚起する必要はあるでしょうね。

Posted by: オーナー | 2007.02.28 at 11:23 AM

はじめまして。
ここ最近のタミフルについての報道について疑問を感じ調べていたところ、こちらのブログに行き着きました。
あたかもタミフルが原因と取れるような報道と、因果関係はないとする厚生労働省、両者に対して信用するに価する内容ではないとかんじていました。
こちらのブログに書いてある記事からは、厚生労働省の実験データの読み取り方や、実際の症例など今回の騒動に対する正しい姿勢が見えたように思います。

僕自身、インフルエンザに毎年のようにかかり、年3回かかるということもありました。
ただ、おかしな行動をした、という記憶はなく、家族からも聞きませんでした。
インフルエンザによって起こる異常行動がそんなに起こっているのかと不思議でした。

確実にいえるのは、厚生労働省の姿勢は間違っている。これはわかります。
迅速な対応をしてほしいものです。

Posted by: glymax | 2007.02.28 at 07:27 PM

はじめまして、こんばんは。
タミフルのニュースを見ていろいろ調べていたらたどり着きました。

ニュースを見た後、タミフルがいつごろから使われるようになったのか調べていました。
と言うのは、私も15歳になるまで毎年インフルエンザにかかっていて、9歳くらいから毎回と言っていいほど、昨今ニュースになっているのと類似した異常行動をとっていたからです。
普段では考えられないような大声を出す、幻覚を見る、何かに怯える、大人でも押さえつけられない程の力で走り回る、知らないうちに外に出ていて走り回っている、ということがありました(外に出て走り回ったときは車にはねられそうになったのを覚えています。幻覚の内容も覚えているのですが・・・)。
現在私は23歳です。
当時タミフルが出回っていたかどうかがわからないのですが、高熱も出してはいましたが、決まって薬を飲むと幻覚を見ていたような気がします。
なぜならば、大抵学校から帰ってきてからインフルエンザの症状がひどくなっていることが多かったので、インフルエンザにかかった次の日に医者には行っていましたが、医者に行く前に異常行動や幻覚は見なかったように記憶しているからです。
ですので、なんとなく私は医者から渡された薬は飲みたくなかったのですが、親に言われるまま飲んでいました。
私が飲んだ薬は医者に処方されたものなのですがそれがタミフルだったかどうかを調べていたのですがわかりませんでした。

今ニュースになっていることが、小さいころに、毎年のように私が経験していたことなので気になってコメントさせていただきました。

Posted by: pumi | 2007.02.28 at 10:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15474/14064424

Listed below are links to weblogs that reference タミフル服用後の異常行動・それでも「因果関係がない」と言い続けるのか・・・:

» ●タミフル服用後の異常行動● [−5434(こよさよ)− め〜めです]
またまた インフルエンザ時のタミフル服用後の異常行動と思われる事故が発生しました・・・・ #ご冥福をお祈りいたします。私は医療関係者ではないので、確実なことはまったくいえませんが、どーも釈然としません。。。今回、厚生労働省は、 タミフルと異常行動の因果...... [Read More]

Tracked on 2007.03.01 at 01:27 AM

» [危機管理][大人との違い]インフルエンザ薬タミフルの問題 [こども省]
ここ数日来,タミフルを服用したこども達の異常行動が問題になっており,昨日になって厚生労働省からも注意喚起が出された。 インフルエンザ治療に携わる医療関係者の皆様へ(インフルエンザ治療開始後の注意事項についてのお願い)(厚生労働省,2007/02/28) タミフル:転... [Read More]

Tracked on 2007.03.01 at 10:07 AM

» タミフルをのむ?のまない? [こだわりセレブAmadeusの視点]
[解説]タミフルと転落死http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070301ik06.htm 薬害対策「疑わしきは罰す」で安易な服用禁物  インフルエンザ治療薬タミフルの服用後、中学生が転落死する事故が相次ぎ、厚生労働省は28日、医療関係者に注意を呼びかけた。... [Read More]

Tracked on 2007.03.03 at 10:25 AM

« インフルエンザと異常行動・再び | Main | 厚労省からの通知 »