« ニューロエシックスとは | Main | 忙殺された秋・・・新棟移転 »

熊大生命倫理研究会の今後の予定

>>>>>
・9月10日(土)  浅井篤先生 「医療の対象(医学的適応)について」 
  午後1時から くすの木会館レセプションルーム  
  午後6時から 懇親会 くすの木会館和室   
 
・10月15日(土) 北村俊則先生 「医療における患者の自己決定権-社会心理学的視点から-」 
  午後2時から くすの木会館レセプションルーム
  午後6時から 懇親会 くすの木会館和室

・11月12日(土) 粂和彦先生 「ニューロエシックスとは
  午後2時から 文・法学部第4・5会議室
  午後6時から 懇親会 くすの木会館和室 

・12月11日(日) シンポジウム「日本の生命倫理:回顧と展望」(規模の少し大きなもの)
  午後1時から  くすの木会館レセプションルーム
  午後6時から  くすの木会館和室
  倫理学系・法学系・社会学系・生命科学系等からパネリストの人選中
  ●立岩真也さん(京都民医連中央病院の外部倫理委員のひとり)は、ほぼ確定。

>>>>>>
これと別枠ですが、

第45回 熊本大学「知のフロンティア講座」
 熊本大学における最先端の研究情報を、わかりやすくお伝えする講演会

脳の中の時計と、睡眠の話
 粂 和彦(発生医学研究センター 助教授・医学博士)

平成17年9月17日(土曜日)
開場:午後1時30分
開講:午後2時~3時30分
場所:熊本大学文学部法学部B3教室

睡眠は、私たちにとって、とても身近な現象ですが、科学的には、実は、まだわからないことだらけです。というのも、人間の脳の最も重要な機能である、意識と心を生み出す働きそのものが、現代科学にとっても、未解明だからです。
 ところが、最近、睡眠を制御している脳の中の時計・・・つまり、体内時計の研究が急速に進んだ結果、予想外のことがわかりました。体内時計の遺伝子は、進化的には大変遠い、昆虫と人間で、ほとんど同じだったのです。
今回は、分子生物学・・・つまり、生命現象を遺伝子の言葉で説明する学問の視点から、遺伝子がどのように脳の中の時計を作り出し時間を刻むか、その時計がどのように睡眠を制御するかなどを、わかりやすくお話しします。
 <参考> 講談社現代新書「時間の分子生物学 ~時計と睡眠の遺伝子 (粂 和彦著)」

|

« ニューロエシックスとは | Main | 忙殺された秋・・・新棟移転 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 熊大生命倫理研究会の今後の予定:

« ニューロエシックスとは | Main | 忙殺された秋・・・新棟移転 »