« March 2005 | Main | July 2005 »

May 2005

着床前診断について覚書

先日(2005年5月20日)、日本小児神経学会というところで、お話させてもらった。残念ながら、参加はできなかったが、その学会で、その日、着床前診断について、シンポがあったので、少し、覚え書きを。私自身は、勉強中で、態度保留ということで・・・(^_^;)

その会では、慎重論が多かったそうなので、着床前診断に積極的な意見を。


●児玉正幸・鹿屋体育大教授(哲学)
http://www.nifs-k.ac.jp/tosyo/kenkyusya/kodama.html

読売の記事 20050515 (リンク切れ)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news_i/20050515so12.htm

 児玉正幸・鹿屋体育大教授(哲学)は「障害者への福祉の充実は必要だが、受精卵を選別しても、障害者の存在を否定することにはならない。受精卵は法で保護される『生命』に当たらず、生命の選別とも言えない」と述べた。これに対し、「受精卵は『生命の萌芽(ほうが)』とみなされており、生命の選別につながる可能性はある」との反論が起きた。

http://homepage2.nifty.com/endo-law/template/law_society_02.html


と、ここまで書いていたら、ボストンの友人が、「ボストンの日本語無料ミニコミ誌の広告欄に「卵子ドナー」を求める広告が出ていて驚いた。」と、教えてくれた。こんな感じ・・・

> ■日本人の卵子提供者募集■
> 切実に子供を望む不妊の御ご夫婦にご協力くださる方。
> 十分な報酬のほか必要経費支給。年令21才から32才、非喫煙者。要英会話。
> Christine or Liz at Robert Nichols Esq., P.C. at 781-769-6900
> www.robertnicholsesq.com

実際、不妊治療のことを、WEBで検索していると、アメリカの不妊クリニックの日本語ページが検索されることが多くて、驚くことが多い。たとえば、下記。

http://www.ifcbaby.net/n_about/aboutus.html

こういう時代なんでしょうね・・・

(この記事:まだまだ書きかけ・・・5/26)
(新たに項目を作って、続きを書くことに・・・7/25)


| | Comments (1) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | July 2005 »