« fuminのこと | Main | 脳科学は心にせまれるか? »

95年の生涯眠らなかった男

先日(2004年12月18日)、放送されたフジTVのサイエンス・ミステリーで取り上げられた、95年の生涯 眠らなかった男について、いろいろお問い合わせを頂いたので、少しコメントを・・・

番組で取り上げられたアメリカ人の男性の逸話は古すぎて、現代的な意味での医学的な解析はされていません。一番、残念なのは、脳波の記録がないことです。現在、睡眠は脳波で定義されるので、たとえば、目を開いていても、眠っている時のような脳波が記録されれば、全然、眠っていないとは言い切れません。ですが、古いとはいえ、アメリカの病院に入院して観察した記録があるそうなので、少なくとも外見的には、ほとんど眠らない男性だったことは間違いはありません。

この男性以外にも、極端に睡眠時間が短い人の記録は、いくつか残されています。有名なものとしては、1973年に、1週間、毎日、脳波を記録し続けて、平均1時間しか眠らなかったフランス人女性の症例報告があります。この方は、2日間、全く眠らず、3日目に1時間、4日目に3時間眠って、その後の2日間は、19分、29分しか、眠らなかったようです。でも、全く、精神的に問題なく、眠気も訴えなかったそうです。この方の場合には、2回に渡って、医師たちが脳波検査を行い、観察をしたそうですから、超短眠者であったことは間違いありません。

また、現存の方でも、ある国の30代の女性で、やはり1時間程度の睡眠しか取らない方もいるそうです。この方の場合、2-3日間、ずっと起きていて、その後、数時間眠る、というのが普通の生活のようですが、ただ、1日以上起きていると、精神的に不安定になるなどの異常な症状が出るため、毎日1-2時間、規則正しく眠るようにした方が、調子が良いようです。ですから、無眠者ではなく、短眠者です。

睡眠時間は、人それぞれなので、たくさんの人の中には、睡眠時間が1-2時間という人がいても変ではないのですが、でも、やはり不思議に感じますね。

さて、眠らない、あるいは、睡眠時間が超短時間の方がいるというのは、どういうことでしょうか?

眠ることの必要性=人間はなぜ眠るのか?ということに対する科学的な解答は、実はまだありませんから、この質問にも、間違いない解答はできないのですが、これまでの睡眠に関する知識から、以下のようなことは考えられます。(推測・想像の部分もある意見です)

まず、人間の睡眠はノンレム睡眠とレム睡眠の2種類あり、ノンレム睡眠は、脳の休息のため、レム睡眠は、脳内の情報の整理のためにあると考えられます。

ノンレム睡眠による脳の休養は、多分、誰でも必ず必要と思われますが、もしかしたら、人により、ごく短時間で休養ができる人がいるのかもしれません。その場合、脳波上で、マイクロ・スリープなどという形でとらえられる、ごく短時間の睡眠を、切れ切れにとることで、充分休養になっていて、外見的には、ほとんど24時間、続けて活動できるのかもしれません。

また、イルカなど海洋性の哺乳動物の場合、脳の片側ずつが、交互に眠ることが知られています。例えば、右脳が眠っている時には、左側の目だけを閉じて、左側を内側に、円を描くように、ゆっくりと泳いでいるそうです。このように、大脳の一部が部分的に睡眠状態になることもありますので、無眠者・短眠者の場合、日中、若干、ボーっとしている時に、一部の脳が眠っているという可能性もあります。

これらの仮説は、やはり、睡眠の研究が、もう少し進まないと、検証が難しいでしょう。

レム睡眠時の情報整理の仕事については、起きている間にも、他の作業と同時並行的に可能なのかもしれません。

いずれにせよ、眠らない人も、眠りすぎる人も、悩みがあるようで、人間は、なかなか、贅沢なものです。

それから、番組に登場した、ショウジョウバエのフミン君については、こちらをどうぞ。


|

« fuminのこと | Main | 脳科学は心にせまれるか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 95年の生涯眠らなかった男:

» 睡眠の謎 [うらのウラの裏。]
以前テレビで、ある中国人の女の子の特集を見た。 その子は何日も眠らない。しかし時に眠り込んでしまう事もある。 なんとその子は、一度眠り始めると数ヶ月は起きな... [Read More]

Tracked on 2005.01.11 09:43 PM

« fuminのこと | Main | 脳科学は心にせまれるか? »