« クローさんの世直し7原則 | Main | 95年の生涯眠らなかった男 »

fuminのこと

先日、全国放送で、フミンくん、という名前が流れてしまったので・・・言い訳・・・

ショウジョウバエが眠るどうかは、本当のところは、まだよくわかりません。もちろん、人間みたいに、目をつぶって眠ることは「ありえーん」わけです。また、ハエにも脳はありますが、人間の場合の、眠る脳である大脳皮質のような発達した脳はありません。

しかし、普通のハエさんたちは、夜の間は、おおかたじっとしているし、日中も、ずっとブンブン飛び回っているわけではなくて、30分とか、1時間とか、まとまった時間、じっとしていることも多いのです。部屋の中にハエが入ってきてしまうと、みなさん、殺虫剤を持って追いかけ回しているのではないかと思いますが、ほっといたら、夜の間などは、ほとんど飛ばないで、どこかに隠れてじっとしていますね?実際、ショウジョウバエを観察してみると、1日のうち、じっとしている時間は、短くても12時間以上、特に夜間は、何時間も、ほとんど動きません。

ところが、私の見つけたショウジョウバエの変異株であるフミン君たちは、1日中、昼も夜も、ずっと動いています。ずっとと言っても、一瞬、立ち止まることはあるのですが、5分以上、じっとしていることが、まったくない場合もあるのです。

これを見た時に、全然、眠っていない!と考えたので、眠らない=不眠のハエ、と名付けました。しかし、異常を起こしている遺伝子の性質がわかってくると、眠らない、というよりは、「起きっぱなし」、というのが正しそうです。

最後に、ネーミングについて、ちょっとコメント。

この異常を見つけたのが、アメリカにいる時でしたので、日本人が発見したことを強調したくて、「フミン」と名付けました。英語で、fumin という語は、fuming (ぷりぷり怒る、ブンブン騒ぐ)という言葉に発音が近くて、1日中、起きて、ブンブン飛び回っているというイメージにぴったりで、研究室のメンバーも歓迎してくれました。

ところが、日本に帰ってきてみると、フミンは、フーミンみたいで、某タレントさんの愛称を始め、結構、あだ名・愛称に使われていて、メルアドを fumin@###.###なんてしている友人までいて、ちょっとまずかったかなあ・・・なんて、思っています。

ただ、ショウジョウバエは、みなさんの多くが嫌っている家の中を飛び回る、でっかいハエとは全く異なり、フルーツが好物の(ですから、英語では、フルーツ・フライと呼びます)とても小さい、綺麗好きな?ハエです。可愛いと書くと、人格を疑う方がいるので、可愛いとは書きにくいのですが・・・でも、可愛いと思ってますし・・・(^_^;)

ということで、人の名前をハエにつけやがって、と、責めないで下さいね。
(実は、熊本のフーミンさんから、こんなコメントを頂いたので、言い訳で書きました)

|

« クローさんの世直し7原則 | Main | 95年の生涯眠らなかった男 »

Comments

fuminについてのコメントありがとうございます。

私もあの番組でfuminを見た時は驚きました。
おかしくて、大笑いしたんですよ。

ハエが実際眠っているのかというのは
まだよく分からないんですね。
それでも一日中動き回って働いているなんて
同じfuminでも、私とは大違いです。

ところで、fuming (ぷりぷり怒る、ブンブン騒ぐ)
というのにまた笑ってしまいました。
…な、なんですかこれはっ。私の事じゃないですか!!

私はやはり、このニックネームに
なるべくしてなった気がします(笑)

Posted by: ふーみん@熊本 | 2005.01.11 09:52 PM

2014年6月1日のBSフジ ガリレオX の眠らないハエで検索して、辿り着きました。

Posted by: まるーべり | 2014.06.01 12:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference fuminのこと:

» 睡眠の謎 [うらのウラの裏。]
以前テレビで、ある中国人の女の子の特集を見た。 その子は何日も眠らない。しかし時に眠り込んでしまう事もある。 なんとその子は、一度眠り始めると数ヶ月は起きな... [Read More]

Tracked on 2005.01.11 09:42 PM

» 時間の分子生物学 [分子生物学研究者の卵の日記]
時間の分子生物学という本を読みました。読んだのは2005年の1月大学4年生の冬。目からウロコの一冊でした。本の中で一番興味深かったのは「ナルコレプシー」という病気の解明の研究 [Read More]

Tracked on 2005.11.29 12:09 AM

« クローさんの世直し7原則 | Main | 95年の生涯眠らなかった男 »