« コメント・感想は、常に歓迎中! | Main | エッセイ「脳の中の時計」 »

エッセイ「早起きになる夏至の頃」

 6月最初の週末は、東京出張でした。翌日に熊本で用があり、始発の飛行機に乗るためには、都内のビジネスホテルを7時前に出ないといけません。備え付けの目覚まし時計はセットしたものの、もし鳴らなくて、寝坊したら困るなと心配しながら、カーテンを閉めずに眠りにつきました。

 ~~~

 はっと目を覚ますと、外はすっかり明るく、驚いて時計を見ると、まだ5時前です。なんだ損したと、もう一眠りしたものの、結局、アラームが鳴る前に、目が覚めました。夏至も近づき、日の出もずいぶん早いのですが、季節のせいだけではありません。睡眠不足の日々なのに、早く目が覚めるなんて、我ながら、歳を取ったと、思わず苦笑いです。

 赤ちゃんは、ほとんど1日中、すやすや眠っていますし、幼稚園児でも昼寝をします。小学生くらいまでは、まだ早く寝ていますが、その両親は夜更かしです。このように、睡眠時間は年齢とともに短くなります。私も40歳を超え、朝、目が覚めやすくなったのは、老化現象の第一歩です。徹夜の翌日には、夕方まで眠ることのできた頃を懐かしく感じます。

 睡眠は、長さだけではなく、深さも大切です。うとうと、うつらうつら、という浅い眠りでは、たとえ長く眠っても、睡眠不足になります。ぐっすり深い熟睡なら、少し短めでも、疲れも取れ、リフレッシュできます。

 私たちの睡眠は、普通、寝入りばなから、一気に深くなります。その後、浅くなり深くなりの波を、約1-2時間ごとに何回か繰り返して、朝を迎えます。最初の1-2回の波は、大きな波ですが、明け方には、波そのものが小さくなります。お風呂の中で波をたてた時のように、波は、だんだん弱まっていくのです。

 歳を取ると、睡眠時間が短くなるだけではなく、深い睡眠の割合が減り、浅くなります。お風呂のたとえでいえば、最初の波が、そもそも浅く小さいのです。そのため、波が早く凪いでしまい、特に明け方は、浅い睡眠がだらだら続き、ちょっとした音や、光で目が覚めるようになります。

 ですから、正常な老化現象として、睡眠時間が短くなった場合は、朝早く目が覚める分、夜、早く眠って、睡眠時間を長くしようとするのは間違いです。それでは、ますます、朝、早く目が覚めてしまいます。最近は、夜遅くまで面白いテレビ番組もありますし、歳を取ったら、好きなだけ夜更かしするのも悪くないようです。

 ~~~

 さて、照れ隠しではありませんが、私が早く目を覚ましてしまったのは、老化現象のせいだけではありません。

 大事な用事がある時に、目覚まし時計をセットしておいたら、アラームが鳴る直前に目を覚ましたという経験を、多くの人がしています。

 脳の中で24時間の時間を刻む「体内時計」の研究が私の専門ですが、体内時計は睡眠も制御しています。たとえば、体内時計を一番実感するのは、海外旅行にでかけて、時差ぼけになった時です。現地の時間は夜なのに、「日本時間」のままの体内時計は昼なので、眠れなくなったり、逆に、現地の昼に、どうしようもなく眠くなったりします。

 体内時計は、他にも身体のいろいろなリズムを司っています。体温は、明け方、最低になり、午後から夕方に高くなります。成長ホルモンは、眠っている夜にたくさん出るので、「寝る子が育つ」という諺が、迷信ではないことも、わかっています。

 眠っている間も、体内時計は時を刻みます。時計が明け方を指すと、まだ起きる前から、コルチゾールというホルモンが血液の中に増えてきます。起きてすぐに、気分良く活動を開始できるように、眠っている間に準備を開始するのです。

 ところが、面白いことに、翌朝、普段より早く起きるように指示された場合は、ベッドに入って寝付いた時間は同じでも、このコルチゾールが、いつもよりも早い時間に、増えてくるという研究結果があります。つまり、「意志の力」が、体内時計を少し進ませて、普段より早く起きる準備を始めるというのです。

 もちろん、早く起きないといけないという精神的な緊張が、睡眠を浅くして、目を覚めやすくもするので、目覚まし時計が鳴る前に起きるという経験をするようです。こうしてみると、朝、すっきり目覚めるためには、眠る前に、明日は早く起きようと、しっかり決心することも、大切なようです。

(東京新聞、中日新聞、夕刊に掲載)

|

« コメント・感想は、常に歓迎中! | Main | エッセイ「脳の中の時計」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エッセイ「早起きになる夏至の頃」:

« コメント・感想は、常に歓迎中! | Main | エッセイ「脳の中の時計」 »