« お友達のブログ | Main | エッセイ「早起きになる夏至の頃」 »

コメント・感想は、常に歓迎中!

睡眠障害相談室から、こちらに来てくださった皆様
是非、何かコメントを、どうぞ。匿名でも可能です

|

« お友達のブログ | Main | エッセイ「早起きになる夏至の頃」 »

Comments

今日、本屋で「生物時計はなぜリズムを刻むのか」(フォスター&クライツマン著)を見かけて即買いしました。それで、先生を思い出し、HPを探しているうちにここを見つけました。

睡眠障害相談室で相談メールを送り、先生からお返事をいただいたのに、お礼も返事もしなかったフトドキモノです。ごめんなさい。

2年間、自分の睡眠と覚醒を観察しデータを取ってきました(もちろん、通院もしています)。いろいろパターンが見えてきて、なかなか面白いですし、パターンにあわせて日常生活をコントロールしています。私は過眠が主症状なので、睡眠よりも覚醒の方に興味があります。また、眠気の種類や質などについても。

眠くないとはどういうことか、なぜ起きていられるのか、不思議です。答えは体内時計や覚醒物質だけなんでしょうか?考えれば考えるほど謎は深まるばかりです。

先生の「時間の分子生物学」も持っているので、今日買った本とともに、よく考えてみようと思います。

Posted by: Vanda | 2006.01.26 at 09:49 PM

コメント、どうもありがとう。その本、お友達が訳しました。訳者あと書きに、ぼくも登場しているので、読んでみて下さい。過眠の話、良かったら、またメールで聞かせて下さい。

Posted by: 睡眠障害相談室 | 2006.01.27 at 12:16 AM

知り合って半年。
彼女の、中学生から始まった不眠は、体力の低下を感じる48歳になった今も続き、20代の頃と違い、本当にひどい毎日を送っているようです。
話を少しずつ聞いていると、幼少の恐怖体験・母親からの虐待が、忘れ去ることなく、彼女に影響を与え続けているようです。

加えていままでのところ、、九州から東北へ来て、冬の寒さへの適応に失敗したことから来るうつ病に、慢性の病(膀胱炎・じんましん)も持ち合わせていることが判明しました。

その、35年にわたる不眠生活が、ある意味、あきらめの不規則気味な不摂生生活を、彼女に送らせています。

自分は、一からの勉強です。


Posted by: 35年来の不眠友達 | 2007.03.01 at 09:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15474/620760

Listed below are links to weblogs that reference コメント・感想は、常に歓迎中!:

« お友達のブログ | Main | エッセイ「早起きになる夏至の頃」 »